ページの先頭です
メニューの終端です。

壺棺(A)(町指定重要文化財 考古)

[2016年3月17日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

壺棺(A)写真

 山崎集落の西方にある通称『七面山』山麓部分に発見場所があります。字朝谷に当ることから朝谷遺跡と呼ばれています。
 この周辺には朝谷古墳群(狐塚古墳)や馬ウ子古墳等が知られていますが、その他の遺跡は不明です。
 その後、この土器は福崎中学校郷土研究室に保管されていましたが、文化センター展示室を経て現在神崎郡歴史民俗資料館に保管展示されています。
 残存高約47cm、低部径約6.6cm、胴部最大径約53cmあります。本来は口の部分があったのですが棺として利用する際に壊しています。蓋に用いられている土器は本来は鉢ですが蓋として利用しています。口径26cm、高さ12cmあります。これらは共に作られ方や形から見て、弥生時代後期のものと考えられています。
 町内で見つかった弥生土器で良好なものであり、町内の歴史を知る上で貴重なものとなっています。

所在地 福崎町西田原1038-12
指定年月日 昭和47年1月12日

関連コンテンツ

まちの文化財

お問い合わせ

福崎町役場社会教育課

電話: 0790-22-0560

ファックス: 0790-22-0630

電話番号のかけ間違いにご注意ください!