ページの先頭です
メニューの終端です。

獅子舞(桜)(町指定重要民俗文化財)

[2019年1月9日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 福崎町内で獅子舞はいくつか行われていたことが知られています。獅子頭が今も残っている地区もあるようですが、ここ桜区の獅子舞は江戸時代後期からの歴史をもち、昭和53年3月に福崎町指定民俗文化財となりました。桜区の獅子舞は、獅子・横笛・太鼓で構成されており、獅子の周りで囃子と呼ばれる子どもたちが、刀や長刀をもって踊ります。
 後継者不足により一時途絶えましたが、近年復活の取り組みがはじまり、平成25年の秋季例大祭で獅子舞が奉納されました。平成27年からは幼児園生による若獅子の舞も奉納されています。

所在地 福崎町桜地区
指定年月日 昭和53年3月15日

獅子舞写真
若獅子写真

関連コンテンツ

まちの文化財

お問い合わせ

福崎町役場社会教育課

電話: 0790-22-0560

ファックス: 0790-22-0630

電話番号のかけ間違いにご注意ください!