ページの先頭です
メニューの終端です。

コヤスノキ(町指定天然記念物)

[2016年3月17日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

コヤスノキ(町指定天然記念物)イラスト
コヤスノキ(町指定天然記念物)写真

 トベラ科の常緑性低木です。高さ1~4m程になります。葉は互生し,光沢がありますがトベラにくらべやや薄く,葉身は長いだ円形で4~11cm程です。5月ごろ,枝の先に数個の花をつけます。果実は球形で直径1cm程です。秋に熟し,3片に割れ種子を出します。種子は赤く、表面が粘ります。日本と中国、台湾に分布し,日本では兵庫県の西播とこれに隣接する岡山県東部の一部に分布します。西播では広く点在し,谷沿いの顆葉樹林内や,やや土壌の浅い暗い体内に多く生育していることから,自生と考えられます。
 町内では七種山にその自生地が見られますが、コヤスノキの自生地の北東限と考えられます。貴重な植物としてまたその分布の北東限として指定を受けました。

所在地 福崎町田口(七種山中)
指定年月日 昭和61年4月1日

関連コンテンツ

まちの文化財

お問い合わせ

福崎町役場社会教育課

電話: 0790-22-0560

ファックス: 0790-22-0630

電話番号のかけ間違いにご注意ください!