ページの先頭です
メニューの終端です。

平成28年度 「親子で楽しむわらべうたあそび」の報告

[2016年11月15日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成28年11月7日 (月曜日)  子育て支援センターにて 14組 29名

わらべうた遊び
わらべうた遊び
わらべうた遊び
わらべうた遊び

わらべうたって摩訶不思議なことばですよね。

こんなことばの響きに子どもはひかれていきます。生まれた瞬間から子どもは耳を澄まし『この世にはいろんな音があるんだな』と思います。お母さんのあたたかいその声に触れたときに、子どもは落ちつき安心して『あぁ 自分はここにいていいんだな』とゆったりした気持ちになれるんですよ。

大人はもう鈍感になってしまっているけれど、私たちのまわりは騒がしいと思いませんか?大きな音が無防備に流れています。

でも小さな子どもの繊細な耳には、小さな小さな音を。心に響く音に『はっ!』と耳を澄ませるように、小さな感性をしっかりと育ててあげることが大切ですね。

自ら主体性を持ってアンテナを張りいろんなことを探しに行くことができる子どもに育って欲しいと思います。

それができるようになるのはお母さんの声や豊かな表情や、動きです。子どもは無意識に真似をするうちに自分のものになっていきます。ゆっくりとゆっくりと自分を耕し、そして思春期に花開く子どもになっていくのです。詰め込めば子どもは一見早く育つようですがそれではとても弱い。子ども自身が自ら育つ力があって、それを見守る大人がいて、そこに支えてくれる大人がいたら子どもは安心しておおきくなれますね。

わらべうた遊び
わらべうた遊び
わらべうた遊び
わらべうた遊び

≪こんなわらべうたをしました≫

おんまさんのおけいこ いちにでさん!       

ぼうずぼうず かーわいときゃかーわいけど にーくいときゃぺしょん

ぎっちょう ぎっちょう こめつけこめつけ こめつけた! こーめーついたらはーなーそー はーなした

ゆすらんかすらん たかいやまこえて ひくいやまこえて あっぱっぱ

さるのこしかけ めたかけろ めたかけろ

あんよなげだすおさるさん かおをあらうおさるさん いそいであるくおさるさん さっちょこだちのおさるさん ごろりとねん ねのおさるさん

ととけっこーよがあけた まめでっぽう(❍❍ちゃん) おきてきな

どんぐりころちゃん あたまはとんがって おしりはぺっちゃんこ どんぐりはちくりしょ

 

横山優子先生の優しい歌声につつまれてゆったりと、また楽しく過ごすことが出来ました。

ありがとうございました。

お問い合わせ

福崎子育て支援センター(おひさまらんど)
電話:0790-22-2308 ファックス:0790-22-2313