ページの先頭です
メニューの終端です。

H29年度 子育て学習講座4『いざ!というときの救急法(乳幼児編)」と車両見学の報告

[2017年11月7日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

  

平成29年度第4回子育て学習講座

「いざ!というときの救急法(乳幼児編)」と車両見学

日時:平成29年10月13日(水)

場所:中播消防署

講師:中播消防署署員

 

中播消防署の3Fホールで「いざ!というときの救急法(乳幼児編)を親子で学びました。

疑問に思っている救急時の対応を救急救命士にていねいにきくことができました。

実際に胸骨圧迫の実習をしました。

 

☆胸骨圧迫の要点

・胸の真ん中(胸骨の下半分)

・深さ(強く約5cm沈む程度)

・速さ(1分間に100~120回のテンポで)

・絶え間なく(中断を最小にする)

・圧迫の十分な解除

・手が胸から離れないように

・1~2分間を目安に交代する

   

消防署

後半は救急車、レスキュー車、消防車、はしご車の車両見学をしました。

講座中に車両の緊急出動がありとても緊張しました。

「はたらく車」はこどもたちに大人気でした。

消防署1
消防署2
消防署3

お問い合わせ

西部子育て学習センター(ともだちひろば)
電話:0790-22-7830 ファックス:0790-22-2561
(月曜日、土曜日は休業)