ページの先頭です
メニューの終端です。

平成30年4月から新たな国民健康保険制度が始まります

[2017年12月11日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 国保財政を安定させ、国民皆保険を将来にわたり守り続けるために、平成27年5月27日に成立した「持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律」により、平成30年4月から兵庫県が財政運営の責任主体となり、安定的な財政運営や効率的な事業の確保等、国保運営に中心的な役割を担うとともに、県と県内市町が共同保険者となって国保を運営するように制度が見直されることになりました。

国保制度改正に伴う主な変更点

・被保険者証等の様式が変わります

 兵庫県も国保の保険者となるため、被保険者証や限度額適用認定証等の様式が変わります。
 被保険者証は、平成30年4月1日以降の最初の被保険者証更新時(平成30年12月1日)に変更となる予定です。

・高額療養費の多数回該当が県単位で通算され、負担が軽減されます

 兵庫県内の他の市町に転居した場合でも、転居前と同じ世帯であることが認められるときは、高額療養費の多数回該当が通算され、過去12か月以内に高額療養費の支給が4回以上ある場合に自己負担限度額が引き下げられます。

届け出や保険税の納付などはこれまでどおり

 国保の仕組みは大きく変わりますが、加入者のみなさんの医療の受け方や保険税の納め方などは変わりません。また、住所変更や加入脱退などの届け出も、これまでどおり市町の担当窓口で手続きができます。

お問い合わせ

福崎町役場健康福祉課

電話: 0790-22-0560

ファックス: 0790-22-5980

電話番号のかけ間違いにご注意ください!