ページの先頭です
メニューの終端です。

エルデホール自主事業「秋の映画祭」

[2018年8月31日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

今年も日本の映画史に残る名作を上映!!

 今年は、才気あふれる作風で日本映画の刷新を試み続けた市川崑監督の作品を3作品を上映します。小説の映画化として評価の高い作品に、国民的議論を巻き起こした記録映画です。

 当日の午前中は1964年開催の東京オリンピックの記録映画を上映します。ぜひ、ご覧いただき約2年後にせまっている東京オリンピックに向けてみなさん一緒に心の準備をしませんか。

 また、吉永小百合・船越英二主演映画も必見ですよ。ぜひぜひ、秋のひとときエルデホールで映画鑑賞をご堪能ください!!

(1)東京オリンピック(1965年・東京オリンピック映画協会)9時50分~12時39分

東京オリンピック

総監督 市川崑
企画・監修 オリンピック東京大会組織委員会
プロデューサー 田口助太郎
脚本 和田夏十・白坂依志夫・谷川俊太郎・市川崑
     

 1964年10月10日から24日まで開催された第18回オリンピック東京大会のメモリアル・ファイルムとして市川崑監督以下、561人のスタッフが結集して製作され、翌年公開されるや空前の観客動員を記録し、12億を超える配給収入を上げた話題作。

(2)おはん(1984年・東宝)13時30分~15時22分

おはん

原作 宇野千代
製作・脚本・監督 市川崑
脚本 日高真也
製作 田中友幸
出演者 吉永小百合
      大原麗子
      石坂浩二
     

 十年の歳月をかけて宇野千代が書き上げた昭和文学の古典的名作を、市川崑監督が、前作「細雪」で新たな女優像を獲得した吉永小百合を主演に迎えて映画化。本作で演技の幅をいっそう広げた吉永は、第8回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を獲得し、女優としてさらなる飛躍を遂げた。この作品は、出来心から妻を捨てた男が、芸妓と元妻の間で揺れ動く心の迷いを、やがて迫り来る我が子の水死という因果応報な世界観とともに描き出しています。

(3)野火(1959年・大映) 15時35分~17時19分

野火

原作 大岡昇平
脚本 和田夏十
監督 市川崑
出演者 船越英二
      滝沢修
      ミッキー・カーチスほか

 「俘虜記」や「レイテ戦記」など、戦後の戦争文学に大きな足跡を残した大岡昇平の同名小説を映画化したものである。

 

                         記

         上映日時   平成30年10月27日(土)  開場9時30分

         開    演  (1)東京オリンピック 9時50分~12時39分

                 (2)おはん 13時30分~15時22分

                 (3)野火 15時35分~17時19分

 

         場    所  福崎町エルデホール

         入  場  料  500円(全席自由) 3本立てでワンコイン

 

※昼食用としてベジタブル会のお弁当(税込500円・お茶なし)の引換券を販売しています。希望される方はチケットご購入の際に引換券もご購入ください。なお、お弁当引換券の販売は10月23日(火)までとさせていただきます。当日のお弁当の販売はしておりませんのでご了承ください。

 

※お弁当を持ち込まれる方については、昼食場所としてエルデホール内イベントホールをご用意しています。

 

主催:福崎町・福崎町教育委員会・文化庁・国立映画アーカイブ

特別協賛:木下グループ  協力:株式会社オーエムシー 

ロゴマーク

 

【お問い合わせ】

福崎町エルデホール(休館日:木曜日)

電話番号 0790-23-1655