井上通泰
3男井上通泰は,12歳のとき,田原村吉田(現福崎町南田原)の医師井上碩平氏の養子になりました。明治13年15歳で東京に遊学し,後に医師となるとともに国学を学びました。
 明治40年には御歌所寄人に推薦され,大正5年には『明治天皇御集』の編纂に従事し,昭和4年には皇后陛下に萬葉集を御進講申し上げるなど,宮中のご信任は厚いものでした。
『萬葉集新考』28巻『風土記新考』等多くの著作があります。昭和16年76歳で没。

◆当記念館収蔵品◆
『播磨風土記新考』・『萬葉集新考』・『南天荘歌集』・『明治天皇御集』・原稿・写真・書簡など


聞き取り手書き本『南天荘歌集』
表紙絵は松岡映丘
福崎町立柳田國男・松岡家記念館 Copyright(C)Fukusaki Town 2011.All rights reserved
各ページ掲載の写真・イラスト及び記事の無断転載を禁じます。