ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

福崎町体育協会

[2020年2月21日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

福崎町体育協会

発足当時はわずか数種目でしたが、次々と新しい種目協会ができ、現在ではバレーボール・水泳・野球・山の会・陸上競技・スキー・剣道・ゲートボール・ソフトボール・少林寺拳法・庭球・卓球・柔道・合氣道・グラウンドゴルフ・ソフトバレーボール・ゴルフの17種目に増え、大きく成長しました。

バレーボール協会

協会の役員や選手は日本バレーボール協会の公認審判員の資格を取得し、町、中播磨、県大会などに、町大会では子ども会の校区、町大会、商工会、協会主催の各種大会にと幅広く活躍しています。

水泳協会

昭和48年に発足し第1回福崎町水泳大会を開催しました。
オリンピック選手を迎えての水泳教室や神戸ユニバーシアード大会での水泳審判など、当協会が残した足跡は素晴らしいものがあります。

剣道協会

「剣道は剣の理法の修錬による人間形成の道である」の理念に基づき、青少年の健全な育成を目的としています。

野球協会

昭和48年に野球を愛する町内の有志によって結成されました。
現在は協会設立の目的に沿って町内の社会体育の普及発展に寄与しています。
また野球を通じて中学生の心身の向上、学校体育の普及にも協力しています。

山の会

昭和24年の発足で、町体育協会ではもっとも古い歴史を持ちます。
恒例行事として元旦登山があります。
会の発足以来無事故を誇り、楽しみながら活動を続けています。

陸上競技協会

会員制を取らずに町民であればどなたでも申し込みさえすれば参加し出場できます。
新春マラソン大会など一般の参加者も多く、自己の記録に挑戦しています。

スキー協会(休会中)

昭和49年に加盟しました。
スキー教室を実施し毎年多数の参加者を得ます。
バッチテストを目指す者、さらに指導者を目指す者、信州でインストラクターとして活躍している者など多くのOBが活動の支えとなっています。

ゲートボール協会

ふれあいの場として1年を通して活動しています。
夏は炎天下のもと真っ黒に日焼けしながら、冬はドラム缶で焚き火をしながら余暇を楽しみます。

ソフトボール協会

平成4年に発足の協会です。
年5回の町大会を中心に、審判部でも郡大会及び子ども会ソフトボール大会の審判を積極的に受け持ちます。
ルールや指導技術の説明も順次行い、町ソフトボール発展に大きく寄与しています。

少林寺拳法協会

体育・徳育・知育を兼ね備え、人間尊重の輪に力を注ぎます。
日々の練習で強く、正しく、やさしい人間をつくりあげる事を目的に、町内に「少林寺拳法」の名を轟かせます。

庭球協会

昭和54年の発足以来、庭球(テニス)の普及発展に務めます。
小学生から年長者まで幅広い会員で構成されます。
ナイター設備の完備で待望のオムニコートが誕生しましたが、手軽にできるスポーツとして根強い人気を集めます。

卓球協会

卓球クラブを組織し、週2回の練習でクラブ員の育成と地域住民に卓球を広めつづけます。
また町大会も行い、体育協会の事業にも積極的に参加します。
それぞれの年代にあった対応で広く支持を得ます。

柔道協会

たくましい心と体をめざし、昭和48年に町柔道教室を開設しました。
厳しい指導の中にも人間味あふれる触れ合いを大切にし、地域体育の振興に大いに貢献します。
近年の大会でも好成績を収め「柔道福崎」の名を県内にいっそう高めています。

合氣道協会

平成11年度に加入しました。
合気道とは無理に相手を倒そうとせず相手と調和して切磋琢磨をはかり、自己の人格完成を目指す武道です。
この合気道を広めることによって青少年の健全な育成を図ることを目的としています。

グラウンドゴルフ協会

平成12年度に加入した協会で、年齢を問わず生涯スポーツとしてお互いの親睦と融和を図り健康づくりを目的としています。

ソフトバレーボール協会

平成13年度に加入しました。
世代を問わず多くの方が楽しめるスポーツとして、健康の保持増進と交流を図ることを目的として普及に力を入れています。

ゴルフ協会

平成21年度に加入した最も新しい協会です。
老若男女ができるスポーツとして活動を広げていきます。

お問い合わせ

福崎町教育委員会 社会教育課 体育館(※月曜休館)
電話: 0790-22-1153 ファックス: 0790-22-7301