ページの先頭です
メニューの終端です。

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)について

[2015年4月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)

社会保障・税番号制度とは

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)は、社会保障・税制度の効率性・透明性を高め、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現するための社会基盤として、平成27年度から全国一斉に始まります。

マイナンバーは、住民票を有する全ての方に1人1つの番号(12桁)を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されます。

マイナンバー

制度について、詳しくはこちら(広報用資料:PDF サイズ:3.79MB)(別ウインドウで開く)をご覧ください。

事業者の方につきましてはこちら(事業者向け広報用資料:PDF サイズ:6.49MB)(別ウインドウで開く)をご覧ください。

以下のページもご覧ください。

○国の省庁等のページ

 内閣官房   社会保障・税番号制度のページ(別ウインドウで開く)・・・制度全般について掲載されています。

 国税庁    社会保障・税番号制度のページ(別ウインドウで開く)・・・税に関連した情報が掲載されています。

 厚生労働省 社会保障・税番号制度のページ(別ウインドウで開く)・・・社会保障に関連した情報が掲載されています。

制度導入によるメリット

・より正確な所得把握が可能となり、社会保障や税の給付と負担の公平化が図られます。

・真に手を差し伸べるべき者を見つけることが可能となります。

・大災害時における真に手を差し伸べるべき者に対する積極的な支援に活用できます。

・社会保障や税に係る各種行政事務の効率化が図られます。

・ITを活用することにより添付書類が不要となる等、国民の利便性が向上します。

今後の予定

平成27年10月 住民票を有するすべての方に12桁の個人番号を付した通知カード等が送付されます。

平成28年1月  申請のあった方に個人番号カード(顔写真付きのICカード)が交付されます。

平成29年1月  国の機関同士での情報連携が開始されます。

平成29年7月  地方公共団体等でも情報連携が開始されます。

お問い合わせ先

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)に関するお問い合わせはマイナンバーコールセンターで対応しています。

○電話番号

 【日本語窓口】 0570-20-0178(全国共通ナビダイヤル)

 【外国語窓口】  0570-20-0291(全国共通ナビダイヤル)

 ※外国語窓口は27年4月より英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語の5か国語で対応しています。

 ※ナビダイヤルは通話料がかかります。

○受付時間

 平日9時30分~17時30分(土日祝日・年末年始を除く)