本館は,『後狩詞記』や『遠野物語』などの多くの著作をあらわし,「日本民俗学の父」と呼ばれる柳田國男(文化勲章受章,福崎町名誉町民第1号)と,医学・国学・言語学・美術などの分野で活躍した松岡家の顕彰を目的に,昭和50年に設立された記念館です。
 記念館の西隣には,柳田國男が「日本一小さい家」と表現し,民俗学への志の源となったといわれる生家が,移築・保存されています。

福崎町柳田国男ふるさと賞
2016.5.11 休館日情報を更新しました。

2016.4.9 企画展「松岡映丘画稿展〜線で描く古典文学〜」
日本画家で柳田國男の末弟、松岡映丘の画稿展を開催しています。
『竹取物語』や『今昔物語』など古典文学を題材とした作品の画稿を
紹介します。
会期:平成28年4月9日(土)〜5月31日(火)/入館無料

2011.04.01 本館は、平成23年4月1日より[福崎町立柳田國男・松岡家記念館]として運営されます。


5月の休館日*赤
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
6月の休館日*赤
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

福崎町立柳田國男・松岡家記念館 Copyright(C)Fukusaki Town 2011.All rights reserved
各ページ掲載の写真・イラスト及び記事の無断転載を禁じます