松岡 鼎
長男の松岡鼎は師範学校を卒業し,20歳で故郷の昌文小学校(現田原小学校)の校長になりましたが,後に志を転じて東京帝国大学に進み医師となって千葉県南相馬郡布佐町(現我孫子市布佐)に居をかまえました。
 その後,東葛飾郡会議員,布佐町長等になり,長く地方自治に貢献するとともに,幼い弟たちを引き取り,後年の大樹へと養い育てました。昭和9年75歳で没。


◆当記念館収蔵品◆
東京帝国大学医学部聞き取り手書き本・写真・当選証書など


聞き取り手書き本
福崎町立柳田國男・松岡家記念館 Copyright(C)Fukusaki Town 2011.All rights reserved
各ページ掲載の写真・イラスト及び記事の無断転載を禁じます。