松岡映丘(輝夫)
 8男の松岡輝夫は,映丘と号し,東京美術学校日本画科を首席で卒業し,後に母校の教授となり,帝展審査員もつとめました。
 映丘は生涯を大和絵の復興に捧げました。有職故実(朝廷や公家の礼式や年中行事などの先例)に造詣が深く,また,長く教職にあって門下から杉山寧,橋本明治,山本丘人,高山辰雄ら多くの俊秀を育てました。
 代表作として,「伊香保の沼」「宇治の宮の姫君たち」「住吉詣]「道成寺」「右大臣実朝」「矢表」等があります。昭和13年58歳で没。


◆当記念館収蔵品◆
「宇治の宮の姫君たち」「右大臣実朝」「富嶽茶園図」などの画稿1,125点・写真など


「右大臣実朝」の画稿
福崎町立柳田國男・松岡家記念館 Copyright(C)Fukusaki Town 2011.All rights reserved
各ページ掲載の写真・イラスト及び記事の無断転載を禁じます。