柳田國男と松岡家
柳田國男の生家である松岡家は,代々医と学問の家でした。國男の祖母松岡小鶴女史も医を業としましたが,早くから儒学を志し,地方の子弟の教育につくしました。女史の学は広く,詩歌,文章,書,算にすぐれ,まれに見る学識者でした。
また,國男の父,松岡操は,約斎と号し,父祖の志をついで医を業としましたが,儒学や国文学にも造詣深く,後に姫路において町塾熊川舎の師範となり,大いに地方の教育に尽力しました。
國男の母,たけは,旧家尾芝家出身で,学問こそ受けませんでしたが,記憶力にすぐれ,子供たちが父から受けている漢文の素読を耳で覚え,隣室からその誤読を正すほどだったといいます。

松岡操,たけ夫婦は8男の子供に恵まれました。3人は早世しましたが,5男が成人し,それぞれの分野でその才能を開花させました。

福崎町立柳田國男・松岡家記念館 Copyright(C)Fukusaki Town 2011.All rights reserved
各ページ掲載の写真・イラスト及び記事の無断転載を禁じます。