ページの先頭です
メニューの終端です。

交通事故により他人にけがをさせられたとき

[2020年8月28日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 交通事故など、第三者の行為によってけがをしたり病気になった場合は、損害賠償保険などで治療を受けるのが一般的ですが、国民健康保険で治療を受けることもできます。その際は、必ず健康福祉課国保医療係にご連絡のうえ、「第三者行為による傷病届」を提出してください
 第三者行為により発生したけがや病気の治療費は、加害者が負担すべきものです。福崎町国民健康保険では、被保険者・被扶養者に代わって請求権を取得し、治療費を立て替え、後日、加害者や損害保険会社に請求します。傷病届は、この請求業務に必要な重要書類のひとつです。

※加害者から直接治療費を受け取ったり、示談を済ませたりすると、国民健康保険が使用できなくなることがありますので、ご注意ください。

届け出に必要なもの

・第三者行為による傷病届

・事故発生状況報告書

・同意書

・誓約書

・交通事故証明書

   (物損事故証明の場合は「人身事故証明書入手不能理由書」が必要)

   (入手できない場合は「交通事故証明書入手不能理由書」が必要)

・国民健康保険被保険者証

・印鑑

・本人確認証明書(免許証、マイナンバーカード等)

様式ダウンロード

Word Viewer の入手
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。
Excel Viewer の入手
xlsファイルの閲覧には Microsoft社のExcel Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Excel Viewer をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

福崎町役場ほけん年金課

電話: 0790-22-0560

ファックス: 0790-22-5980

電話番号のかけ間違いにご注意ください!