ページの先頭です
メニューの終端です。

住宅の耐震診断・耐震改修

[2014年1月31日]

 近年、全国各地で人命や建物に甚大な被害をもたらす地震災害が発生しています。福崎町にも山崎断層が位置し、大地震が発生する確率が高まっており、いつ発生してもおかしくない状況だと指摘されています。
 安心して暮らすには、住宅が地震に耐えられるかを把握し、必要に応じて耐震補強を行い、地震に強い建物にする必要があります。
 阪神・淡路大震災を教訓として、安全・安心な住まいとまちづくりを推進するため、県及び町では昭和56年5月以前に建てられた住宅を対象に、診断から改修工事まで住まいの耐震化を支援しています。

診断から改修工事までのイメージ

1.簡易耐震診断推進事業

 住宅所有者の申込みに応じて、町が耐震診断員を派遣して調査・診断を行い、その結果を報告します。

受付状況:申込受付中です

  • 対象住宅
     昭和56年5月31日以前に着工した住宅
     ※条件により対象とならない住宅があります
  • 個人負担
     木造戸建住宅の場合 3,000円(診断経費 30,000円/棟の1割負担)
  • 事業期間
     平成27年度まで

 「簡易耐震診断推進事業」を受けて耐震性が低いと診断された住宅は、「福崎町住宅耐震改修促進事業」及び「わが家の耐震改修促進事業」の補助を受けることができます。
 また、「簡易耐震診断推進事業」を受けた場合、「わが家の耐震改修促進事業」の住宅耐震診断・改修計画策定費補助において、改修前の耐震診断結果を省略することができ、申請手続きの簡素化と耐震化工事着工前までの期間の短縮が図れます。

注意:申請がないのに町・県からの耐震診断員がお宅に訪問して診断を行うことはありません。

問合せ先

まちづくり課
 電話:22-0560(内335・336)

2.福崎町住宅耐震改修促進事業

耐震改修の工事に要する費用に対し、兵庫県の「わが家の耐震改修促進事業」(耐震改修工事費補助)に加え、町が工事費補助の上乗せを行います。

申込受付中

  • 対象住宅
     昭和56年5月31日以前に着工した住宅
  • 対象者
    ・町内に対象住宅を所有する町民で、町税の滞納がない者(個人)
    ・兵庫県の「わが家の耐震改修促進事業」(耐震改修工事費補助)の補助金の交付決定を受けている者。
  • 補助対象
    ・安全性を確保するための耐震改修工事に要する費用
    ・計画策定が不要な部分改修型耐震改修工事(一定の強度を有する戸建住宅に限る)
    ・居室耐震型改修工事(シェルター方式)に要する費用
  • 補助金額
     補助対象となる費用の16分の1以内(15万円を限度)
       ※町内施工業者を利用する場合、さらに補助対象となる費用の1/16以内(15万円を限度)を加算

注意:工事の契約前に申請が必要です。既に工事を開始または工事が完了している場合は、この事業の対象となりません。

問合せ先

まちづくり課
 電話:22-0560(内335・336)

3.わが家の耐震改修促進事業(兵庫県)

3-1.耐震改修計画策定費補助

耐震改修の計画策定とそれに伴う耐震診断に要する費用の一部を補助します。

  • 対象住宅
     昭和56年5月31日以前に着工した住宅
  • 対象者
     県内にある対象住宅の所有者(個人・法人)
  • 補助対象
     耐震改修の計画策定とそれに伴う耐震診断に要する費用
  • 補助金額
     補助対象となる費用の3分の2以内(戸建住宅の場合20万円/戸を限度)

3-2.耐震改修工事費補助

耐震改修の工事に要する費用に対し補助します。

  • 対象住宅
     昭和56年5月31日以前に着工した住宅
  • 対象者
     県内に対象住宅を所有する県民で、所得が1,200万円
     (給与収入のみの場合は、給与収入が14,421,053円以下)の者(個人)
  • 補助対象
    ・安全性を確保するための耐震改修工事に要する費用
    ・計画策定が不要な部分改修型耐震改修工事(一定の強度を有する木造戸建住宅に限る)
    ・居室型耐震改修工事(シェルター方式)に要する費用
  • 補助金額:戸建住宅の場合、補助対象となる費用の3分の1以内で80万円/戸を限度
    (耐震診断の評点が0.7未満の木造戸建住宅のみ93.3万円/戸)

住宅改修促進税制(平成27年12月31日まで)

 「わが家の耐震改修促進事業」の工事費補助を受けられた方には、所得税の控除及び固定資産税の減額に必要な証明書を発行します。

  • 所得税の控除
     住宅耐震改修工事に係る標準的な費用の額の10%(上限20万円)をその年の所得税額から控除する制度
  • 固定資産税の減額
     耐震改修を行った住宅の固定資産税額(120平方メートル相当部分まで)を一定減額する制度

問合せ先

兵庫県県土整備部住宅建築局建築指導課防災耐震係
 電話:078-362-4340
 兵庫県ホームページ(別ウインドウで開く)

受付状況

予算を全て執行した場合は受付を終了する場合がありますので、ひょうご・わが家の耐震改修推進協議会ホームページ(別ウインドウで開く)でご確認ください。

住宅耐震改修工事利子補給事業(兵庫県)

金融機関から融資を受けて耐震改修工事を含む住宅リフォームをする場合、利子の一部を補助します。

  • 対象者
    1.「わが家の耐震改修促進事業」の耐震改修工事費補助を受けている者
    2.「住宅改修業者登録制度」の登録を受けた業者によって工事を実施する者
  • 利子補給対象
     耐震改修工事と住宅リフォーム工事に要する費用
     (1000万円/戸を限度、「わが家の耐震改修促進事業」等の補助金額を除く)
  • 利子補給率
     1%
  • 利子補給期間
     5年間

問合せ先

兵庫県県土整備部住宅建築局住宅政策課住宅行政係
 電話:078-362-3611
 兵庫県ホームページ(別ウインドウで開く)

住宅の耐震 関連リンク

お問い合わせ

福崎町役場まちづくり課

電話: 0790-22-0560 ファックス: 0790-22-2919