ページの先頭です
メニューの終端です。

限度額適用認定証又は限度額適用・標準負担額減額認定証の交付

[2017年8月10日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 高額な外来診療や入院時の自己負担額限度額及び食事療養費の自己負担額の減額制度があります。

  • 事前に交付申請していただくことにより下記証が発行されます。この証を医療機関に提示いただくことにより所得区分に応じた自己負担限度額までのお支払いとなります。
    (差額ベッドなどの保険適用以外の分や食事療養費については別途支払いが必要です)

70歳未満の方(後期高齢者医療制度加入の方を除く)

 申請により限度額適用認定証又は限度額適用・標準負担額減額認定書が交付されます。限度額適用認定証又は限度額適用・標準負担額減額認定書を医療機関の窓口に提示すると、1か月の一医療機関の自己負担額が限度額までとなります。

70歳未満の方(後期高齢者医療制度加入の方を除く)自己負担限度額
 総所得金額区分自己負担限度額(月額)4回目以降の限度額(月額)※入院時食事代         (1食あたり)
上位所得者901万円超

252,600円

(医療費が842,000円を超えた場合は、(医療費-842,000円)×1%を加算)

140,100円

360円(注1)

600万円超901万円以下

167,400円

(医療費が558,000円を超えた場合は、(医療費-558,000円)×1%を加算)

93,000円
一般210万円超600万円以下

80,100円

(医療費が267,000円を超えた場合は、(医療費-267,000円)×1%を加算)

44,400円360円(注1)
210万円以下57,600円44,400円
住民税非課税世帯35,400円24,600円210円(注2)

※過去12か月で高額療養費の限度額適用が4回以上行われたことを医療機関が確認できる場合は、4回目からこの金額になります。

70歳以上75歳未満の方(後期高齢者医療制度加入の方を除く)

 申請により限度額適用・標準負担額減額認定証が交付されます。限度額適用・標準負担額減額認定証を医療機関の窓口で提示すると、1か月の一医療機関の自己負担額が限度額までとなります。なお、対象者は下記表の所得区分世帯です。

70歳以上75歳未満の方(後期高齢者医療制度加入の方を除く) 自己負担限度額

所得区分

自己負担限度額入院時食事代
(1食あたり)
低所得2※124,600円210円(注2)
低所得1※215,000円100円

※1 低所得2とは、同一世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税の人
※2 低所得1とは、同一世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税で、その世帯の各所得(公的年金等控除額は80万円として計算)が0円である世帯に属する人

申請に必要なもの

  • 印鑑
  • この制度を利用される方の国民健康保険被保険者証
  • (注1)難病の患者や小児慢性特定疾病の患者等は260円となります。

    (注2)低所得1又は2の方で過去12か月の入院日数が90日を超える方は91日目からの食事代が1食160円になります。適用を受けるためには、90日経過後に申請が必要になります。食事代減額に必要な日数の起算は上記所得区分がわかる限度額適用・標準負担額減額認定証の交付が必要となります。限度額適用・標準負担減額認定証の申請月の初日からの起算となりますので、申請はお早めにお済ませください。

    • 申請に必要なもの
       ・印鑑
       ・この制度を利用される方の健康保険証及び限度額適用・標準負担額減額認定証
       ・世帯主様名義の口座情報のわかるもの
       ・入院日数が90日を超えたことがわかる領収書

     

     限度額適用認定証及び限度額適用・標準負担額減額認定証の有効期限が切れた後再度交付を希望される方につきましては再度申請いただく必要があります。毎年8月1日から新しい所得区分(前年中の収入等に対しての区分)が適用されますので8月1日以降に申請をお願いします。

    関連コンテンツ

    高額療養費

    • 限度額適用認定証又は限度額適用・標準負担額減額認定証の交付

    お問い合わせ

    福崎町役場健康福祉課

    電話: 0790-22-0560

    ファックス: 0790-22-5980

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!