ページの先頭です
メニューの終端です。

人・農地プランについて

[2015年4月13日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

人・農地プランとは

 

 農業を取り巻く環境には、高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加などの「人と農地の問題」があり、5年後、10年後の展望が描けない地域が増えています。

 こうした厳しい状況に直面している中で、持続可能な力強い農業を実現するために、それぞれの集落・地域において十分な話し合いを行い、集落・地域が抱える人と農地の問題を解決するための「未来の設計図」となるのが「人・農地プラン」です。

 

 

人・農地プランで決めること

 

  • 担い手の状況

     (1)今後の中心となる経営体(個人、法人、集落営農)はどこか

     (2)(1)を踏まえ、地域の担い手は十分に確保されているといえるか

 

  • 農地利用の方向

     (3)将来の農地利用のあり方

     (4)(3)を実現するための農地中間管理機構の活用方針

     (5)近い将来の農地の出し手の状況

       (誰が、いつ、どれくらいの農地を?)

 

  • 地域農業のあり方

      (生産品目、経営の複合化、6次産業化など)

 

 

人・農地プラン作成のメリット

 

  • 青年就農給付金(経営開始型)
  • 機構集積協力金
  • スーパーL資金の当初5年間無利子化

       などの農林水産省の支援を受けることができます。

 

    詳しくは、農林水産省HP(農地中間管理機構を活用した人・農地問題の解決)をご覧ください。

 

 

 *機構集積協力金について、28年度より制度の見直しが行われました。

  詳しくは、公益社団法人兵庫みどり公社HP(農地中間管理機構による農地の集積・集約化)をご覧ください。

 

 

 

福崎町『人・農地プラン』の閲覧について

 

 作成しております福崎町『人・農地プラン』は閲覧が可能です。

 閲覧をご希望の方は、福崎町役場農林振興課農政係窓口まで、お申し出ください。

 

お問い合わせ

福崎町役場農林振興課

電話: 0790-22-0560

ファックス: 0790-22-2919

電話番号のかけ間違いにご注意ください!